「おかめ」に遅れること、5年、1983年・昭和58年に「ひょっとこ」は誕生しました。当時「おかめ」は100g/1,300円で販売していましたが、もう少し買いやすい深蒸し煎茶を販売したいと言う想いから、100g/800円で販売したのか始まりです。 おかめの販売で、深蒸しの手ごたえを感じ、買いやすさを追求した、おかめの2番茶を使用し出来上がったのが、深蒸し煎茶・やぶ北茶「ひょっとこ」です。

深蒸し煎茶「ひょっとこ」は、鳴り物入りで登場しましたが、5年あまりで姿を消すことになりました。その原因は、やはり、相方『おかめ』の大躍進の影で埋もれてしまったと言うことでしょう。しかし、平成5年小佳女のデザイン変更に伴い、不死鳥のごとく、焙じ茶『火男』として復活をしました。以前から、本店心斎橋のイメージは「焙じ茶の良い香りのする店」と評判だったこともあり、「火男」の中身を焙じ茶に決めたのである。「火」の「男」と書いて「火男」と読ますのは、ひょっとこは昔から飯炊き男としていつも薪の管理をしていた、だからイラストも、薪に息を吹きかけるしぐさとして□をとんがらせているのである。中身の焙じ茶も炭火(遠赤外線)で焙じた、火加減にこだわり創ったお茶で、以前反省を生かした、中身とデザインになった。

焙じ茶は焙じ茶でも、あかこげちゃ色に出る従来の焙じ茶を、いかに黄金色に出し、なおかつ、炒りたての香りがぷ~んとする焙じ茶が出来ないだろうかと、開発されたのが焙じ茶「火男」です。本来ならドラム式焙じ機で満遍なく炒るところ、「火男」は棚式火入れ機で遠赤外線を使って、火は弱くじっくり時間をかけて焙煎を行いました。そうする事で、お茶の芯まで火が通り、香ばしく、いい薫りの浅炒り焙じ茶となります。また、「火男」に使用しているお茶は、一番茶の雁ケ音(茎茶)か原料です。棚式に雁ケ音を流すことで、茎の部分はしっかりと焙じられ、茶葉の部分は緑色の残ったまま焙じることが出来ます。このように試行錯誤を繰り返し出来上がった焙じ茶は、水色は黄金色で炒りたての薫りがぷ~んとする焙じ茶「火男」です。一段と男ぶりの上がった「火男」は、深むしの「小佳女」と、この上なく相性か良く、二つあって互いに引き立つ素晴らしい相方と成りました。

  • ごあいさつ
  • 宇治園について
  • 年表を見る
  • 小佳女について
  • 火男について
  • デザインのこだわり
  • 会社概要
トップへ戻る